風俗エステコラム編集部 vol. 11745 view

メンズエステとキャバクラ、サービス料金を比較してみた

公開日:2019/06/12 18:03:16 ライター:キワめ大佐

メンズエステとキャバクラ、サービス料金を比較してみた

休日の前日には、一週間の仕事終わりに「女の子のいるお店で一杯ひっかけて行こう♪」なんていう人もいるんじゃないでしょうか。でも本当にキャバクラでいいんですか?
「女の子に癒されたい」=「キャバクラ」という図式の人も、最近ではメンズエステ(以下メンエス)へシフトしている人が大勢います。
そこで本日は両者のサービス料金を比較したいと思います!

キャバクラとメンズエステ(キワ店)、どちらも60分あたりにかかる料金で算出しています。
キャバクラとメンエス、どちらも女の子の容姿はよく、肌の露出も高いですが、ヘアメイクはキャバ嬢の方が派手で、マッサージという肉体労働をするセラピストは控えめです。
それでは早速、それぞれの60分あたりのサービス料金を比較してみましょう。

キャバクラにかかる料金

・セット料金(チャージ)

セット料金とは、お店に入って席に座ったら発生する料金です。
お店によって多少異なりますが座席料と飲み放題のお酒(ハウスボトル)、簡単なおつまみを含んだ料金です。 1セットの時間はだいたい60分で、1人5000円~10000円です。

・ドリンク料(女の子の分も)

飲み放題のお酒以外を飲む場合は有料です。居酒屋の飲み放題のようにたくさんある種類の中から選べるのではなく、基本的にセット料金に含まれるお酒は1種類のみです。 また女の子が飲むドリンクは基本的に有料です。
カクテルで1000円~1500円、グラスワインやグラスシャンパンだと1500円~3000円くらいが相場です。

・ボトル

飲み放題のボトルはセット料金内に含まれますが、有料のボトルは4000円~、ワインやシャンパンなど高いものは軽く10万円を超えます。

・割り物料金

氷やミネラルウォーター、炭酸水など、お酒に入れるものです。1本500~800円程度です。

・指名料

フリーで入った場合は女の子が交代で接客してくれます。気に入った女の子にずっと付いててほしいときは、指名する必要があります。 フリーで入って交代で来た女の子が気に入ったらその場で指名することができます。これを場内指名といいます。
場内指名は1セットあたり1,000円~2,000円です。
気をつけなければいけないのはフリーで入って女の子から「ここにいていいですか?」と言われそれに応じたら、それは場内指名と見なされ、しっかり指名料が取られてしまいます。 また2回目以降の来店で、すでに気に入った女の子がいてはじめから指名する場合は本指名といいます。 本指名は2,000~3,000円程度で場内指名よりもややお高めです。

・クレジットカード手数料

通常はクレジットカードの手数料は加盟店が払うことになっているのですが、なぜかキャバクラでは手数料を上乗せするお店が多数あります。 手数料は使った料金の10%くらいです。

・延長料金

30分延長3000円~5000円、50分延長5000円~10000円くらいが相場です。

・同伴料

女の子の出勤前に、食事などのデートをしてそのままお店に行って飲むこと。相場は1回3,000~5,000円くらいです。

・サービス料(+消費税)

上記全ての料金に対してサービス料が10%~30%程度かかります。このサービス料にも消費税が足されます。

キャバクラの総額

指名をせず、有料ボトルも入れなかったとしても、最低限セット料金の他にサービス料でも平均7~8,000円かかります。
キャバクラの常識的に自分だけ飲んで女の子に飲ませないというわけにはいかないので、女の子の飲むドリンク料もこれに加わえます。
女の子の飲むドリンクによって左右されますが、1セットあたり10,000円くらいは見ておいた方がいいでしょう。
キャバクラの醍醐味といえばなんといっても華やかさです。女の子はもちろん、店内もゴージャスに飾り付けられているので豪勢な気分が味わえます。

メンエスにかかる料金

メンエスはキャバクラに比べ料金体系がいたってシンプルです。ただしシャワーの時間があるため、60分といっても実際の施術時間は40~50分程度です。 キワ店でもっともポピュラーなマンエスの料金です。

・入会金

初回来店の場合には入会金を支払い、会員になります。入会金はお店にもよりますが、1,000円程度です。最近は入会金無料のお店も多いです。

・サービス料

メンエスの主軸であるアロママッサを含むサービス料です。お試しコースなどで60分あたり10,000円前後のお店が多いですが、実際はいるときは慌ただしくなるので90分以上のコースをオススメします。

・指名料

メンエスの指名料はネット指名でも本指名でも1,000くらいのところがほとんどです。

・延長料金

30分あたりだいたい6,000円と通常のコース料金と比較すると割高になっています。

・オプション

お店にもよりますが、メンエスではパウダーマッサージやホットジェルといったオプションを用意しています。
オプション内容によって料金はまちまちですが、1,000~2,000円の価格帯が多いです。

メンエスの総額

指名もオプションもつけなければ、1回のサービスあたり入会金+サービス料で11,000円くらいです。
総額はキャバクラとほとんど変わりないですが、個人的に大きな違いだと思うのは料金体系が明確であるということです。
フリーで入ったのに女の子に「ここいいですか」「いいですよ」で料金が発生したりなぜかカード手数料が取られたり、果てには女の子の飲む量を横目でチラチラ気にしたり…そういったことが必要ないという点は予算にあまり余裕がない私のような人間にはありがたいものです。
あと元キャバクラ嬢でメンエスで働いているという女の子が結構多いです。
不景気でお店が潰れてしまったり、お酒を飲むことで体調を崩してしまったりといった女の子がメンエスにシフトしていたりします。
そう思うと客も従業員も、新たな業界としてメンエスにシフトした人が増えている、ということかもしれませんね。

まとめ

いかがですか?サービス内容は全く異なる業種ですが、かわいい女の子に癒される、触れ合えるという点では近からずも遠からずということで今回くらべてみました。
どちらも客からのおさわりは禁止ですが、触ってもらえるという点もメンエスを推したい理由です。(酒やつまみは出てきませんが^^;)
ただキャバクラと違って個室で行うメンエスは、複数人一緒に楽しむことができないため、商談ついでの接待には向きません。
血行が良くなり凝りはほぐれ精力増強と体にとってはいいことづくめなので、キャバ好き酒好きで肝臓に負担かけまくっている方は、ぜひ一度メンエスのリラクゼーションもお試しあれ!

[キャバクラ比較]

ツイート はてブ シェア

風俗エステコラム 最新記事

もっと見る