風俗エステコラム編集部 vol. 353289 view

お気に入りのお店が無くなった…。でも諦めるのはまだ早い

公開日:2020/05/12 15:06:07 ライター:風俗魔人@週3回は風俗遊び

お気に入りのお店が無くなった…。でも諦めるのはまだ早い

風俗エステ、特にアジアン系の風俗エステ店に通っていてそのお店がつぶれてしまっていたなんて言うことはありませんか?私はそんな経験を三度ほどしてしまいました。しかしながら幸いなことにそのうちの2店舗は復活していました。お店の名前を変えて再経営するという事もあるし、お店の場所を変えて新たに出店するという事もあります。お店の名前も場所も変わらずで再開させるなんて言う店も存在します。ここでは一度休業したけど再度復活した風俗エステ店について紹介したいと思います(ここでは休業したかなんて言う点については触れないのでご了承ください…)

風俗エステ店はいきなりなくなることがある

お気に入りのお店が無くなる

風俗エステ店、特にアジアン系の風俗エステ店は急に無くなることがあります。ホームページもそのままにしているというケースが多いので行ってみて無くなっているという事に気づいたり、いつも通り電話をしても全くつながらず、お店自体がなくなっているという事に気づいたりすることもあります。SNSなどで直接女の子とやり取りをできていた人も連絡がつかなくなってしまいます。こうなってしまうとまたお気に入りのお店を一から探すという労力が付きまとってきます。そして風俗エステ店自体が少ない上、その中でお気に入りのお店になるという率はかなり低く結局デリヘルやピンサロに流れてしまうなんて言うケースも少なくないでしょう。
こう言った事はもちろん自分では対処しようがありません。しかし予防線を張ることはできます。それは「風俗エステはいつか形態を変える」と言うことを頭に入れておくべきです。
アジアンエステの場合ビザの問題で女の子を確保するのが日本人エステなどより難しい面があります。さらに帰国と言う問題が付きまとうので「経営していく」と言うのが難しいようです。

復活劇を果たすアジアンエステ

とは言えアジアンエステではお店が復活するというケースが少なくありません。一番多いパターンは店舗形態を変えるという手法を用いる方法です。今までは店舗型だったのにデリバリー型に変えるというお店は少なくありません。これは日本のヘルスでも同じことが言えるのですが、デリバリーにすることでテナント料を払わなくて済むというメリットがあるからです。もちろんその分の料金をプレイ代金に上乗せして利益を上げることはできますが、風俗店の多くは日中遊んでいる時間帯が長いのでそういった無駄なコストをカットするにはデリバリー型の方が適しています。
アジアンエステの多くは速い時間帯から経営しているものの、日中に客が来ることはあまりありません。そのためデリバリー型の方がいいと感じているお店は多いのです。
デリバリー型に変えるお店が多いもう一つの理由として「お店の老朽化」と言うのが挙げられます。アジアン系の風俗エステ店の多くが結構古い建物を借りているところが多いです。大きい地震が来たら傾いてしまうのではないかと言うようなところで経営しているので、リピーターを確保するのが難しいのです。
元々アジアンエステ店は店舗型が多いためそういった理由で一度お店を閉めてデリバリー型にして出直すという動きを多く見受けられます。
さらに店舗型からデリバリー型に変えた際、お店の名前を買えることがたまにあります。そうなったら全く気付かないで終わってしまうのでツイッターなんかでお店をフォローしておくことをお勧めします。そうすればお店側の発信に気づくことができるかもしれませんよ!(上記で挙げたように女の子と直接やり取りしていたとしてもお店の状況が変われば連絡がつかなくなることもあるのでお店のフォローはしておくといいでしょう)

実際にあった例

お店が無くなっていた体験談

次に私が直面した「お店が無くなっていた例」を紹介したいと思います。
私がよく言っていたお店は風俗エステ激戦区の地域にありました。その中でも安価でサービスがよかったので月1ペースで行っていました。しかしいつものよう言っているとお店が無くなっていました。元々風俗エステ店だったのにそこはレンタルルーム店に変わっていたのです。お店の人に聞いたら「よく分からないけど店舗型からデリバリー型に買えたみたいだよ」という事を教えてもらいました。そして新しいお店の名刺も置いてあるので一枚もらいました。結局そこのレンタルルームを使用しマッサージしてもらいました。
お店に支払うお金は場所代がかかるようになったのですがサービス料が安くなったので同じ金額でした。
もう一つは一度休業してまた再開するというパターンです。これに関しては隣のビルに移転したという形での再開でした。お店の名前も変わらずなので建物自体の老朽化が原因だと考えられます。とはいえ空白の期間が3か月もありさらにホームページには何も書かれていないのでたまたま前を通りかかって再開したのを知ったという感じです。

[突然の閉店]

ツイート はてブ シェア

風俗エステコラム 最新記事

もっと見る