風俗エステコラム編集部 vol. 438212 view

風俗エステ⇔非風俗エステの移籍の秘密

公開日:2021/12/22 18:08:19 ライター:ぺにくん

風俗エステ⇔非風俗エステの移籍の秘密

こんにちは!ぺにくんです。皆様、楽しいエステライフをお過ごしでしょうか?
この業界では、未経験から風俗エステに入り、それから非風俗エステのセラピストになる女性や、未経験から非風俗エステに入り、その後風俗エステのセラピストになる女性が大勢います。それでは、今日は風俗エステから非風俗エステのセラピストになる女性のタイプ、非風俗エステから風俗エステのセラピストになるタイプをそれぞれ、解説していきましょう。

風俗エステ➡非風俗エステ

まずは風俗エステから非風俗エステに移籍する女性のタイプを解説します。もちろん私の経験でも、理由は個々に様々なケースがありました。そのため、あくまでざっくりと4つにタイプ分けした形でお話ししていきます。

①抜き行為やヌード、キスやタッチなどのサービスを提供することが難しくなってしまった

風俗エステのお店は近年、どんどん増えています。そのため、サービスに特徴をつけて他店と差別化しようと、さまざまなコンセプトやサービスを導入しています。当然ヌキ行為はありますが、例えば、女性側が水着になる、下着になる、トップレスになる、オールヌードになる、などがあります。また、サービス面でもキスOK、タッチもOK、ゴムフェラやフェラ行為があるお店もあります。そういった行為をすることが難しい、と思ってしまった方が移籍するケースがあります。

②本番強要などに不安になってしまった

抜きのあるお店ではどうしても本番強要を迫られるということがあります。こういった行為は日本の風俗店では法律に違反してきますが、それを求めるお客様は少なくありません。それらの対応がつらくなってしまい、非風俗のセラピストに移籍するというケースがあります。

③マッサージを極めたくなった

きっかけはたまたま風俗エステだった。しかしその中で風俗のサービスではなく、マッサージの能力が大きく開花した、という方がいます。そういう女性は常連のお客様に「風俗行為は無くていいからマッサージをお願いしたい」と言われるようになったりもします。すると「私、ヌキ行為がない非風俗エステのほうが向いているんじゃないか?」と思い、移籍するケースがあります。

④非風俗エステのほうがバックや条件が良かった

近年、非風俗エステの店舗数がものすごく増えています。その中でセラピストの取り合いになっており、バック率や条件がどんどん良くなってきています。中には「入店祝い50万」や「数日間バック率100%」などというお店もあるようです。風俗行為がないのに条件が良ければ、移籍してしまうことは容易に考えられますね。

その他、例えば体のある部分を痛めてしまい、風俗エステのあるサービスが提供できなくなってしまった、家族ばれなどで「風俗店」で働けなくなった、など個々の理由は様々です。では、逆パターンを解説していきます。

非風俗エステ➡風俗エステ

一方で、非風俗エステのセラピストから風俗エステのセラピストに移籍する女性もいます。一見すると上記のケースが多そうに感じますが、実はこのパターンも少なくありません。その場合も3タイプに分けて解説をしていきましょう。

①風俗エステのほうがバックや条件が良かった

これは上述にもあった点です。つまり現状は一概に「風俗は条件が良くて非風俗は悪い」などとくくることができず、お店によってさまざまなのです。条件がよければ風俗店の中でも非風俗店の中でも移籍することはありますし、条件がよければ非風俗➡風俗にいくことにも抵抗のない女性もいる、ということですね。自分の中で何を軸に考えるか、によって選択肢は変わってきますね。

②ヌキの要求が多く、だったら最初から抜きの有る風俗エステのほうが対応が楽と考えた

非風俗エステでも「抜いてほしい」という要求をされることが少なくありません。(これらの行為も風営法の届け出をしていない非風俗エステでは違法となります)その要求に対しての対応が大変だと思ってそれならば最初から抜きの有る風俗エステに在籍しよう、というケースです。

③人間関係に疲れた

例えば非風俗エステですと1ルームやファミリータイプ(1つの部屋に2~3ルームある)などでお仕事をする場合が多いのですが、そうすると人間関係が大事になってきます。清掃の仕方や物の片付け方、物の紛失など様々な問題が発生しますので、そこでの人間関係にぎくしゃくすることがあります。かたや風俗エステでは無店舗型であることが多いので「待機所」で待ちます。待機所が大部屋の場合もありますが、ブースや個室に分かれている待機所の場合はほかの方とかかわることが圧倒的に少なくなります。お仕事もホテルや自宅のため、スタッフ同士のトラブルが少ないと思われることがあります。(お店によっては少なくないのですが・・・。)
その環境を求めて移籍するケースもあります。

他にも様々な理由がありますが、大きくまとめてみました。
いかがでしたでしょうか?エステライフにエッセンスとなれば幸いです。それでは皆さん良きエステライフを!

[移籍]

ツイート はてブ シェア

風俗エステコラム 最新記事

もっと見る