風俗エステコラム編集部 vol. 5760 view

パネマジを見キワめろ!

公開日:2019/03/05 04:35:19 ライター:キワめ大佐

パネマジを見キワめろ!

風俗系のサイトでよく話題になる、パネマジ。 パネマジとはパネルマジックの略で女の子の紹介写真を実物より細くしたりかわいくしたり加工することにより、写真と実物で著しい落差があること。パネル(写真)に加工という名のマジックをかけているわけです。 そんなパネマジを見抜く方法とは…?

画像加工はどこにでもある

風俗サービスを定期的に利用している人なら女の子とご対面したときに一度は「えっと、どちらさまで…?」なんて経験あるのではないでしょうか? もちろん、これは風俗店一般店に限らず、メンエスでもありうることです。
元が十分に良い芸能人でさえ、バリバリ加工して写真集を出すのだから、当然と言えば当然ですよね。
客側として言わせてもらうと、多少はいいんですよ、多少は。 要は劇的な大改造が問題なわけです。
ではこのパネマジにひっかからないようにするには、どのようにすればいいのでしょうか?

写真の明るさに注目

白飛びした写真をエステ店のホームページで見かけたことはありますか?なぜお店はこんな写真を掲載するのでしょう?
白飛びはカメラマンの失敗かというと、実はそうではなかったりします。画像加工ソフトで明度をあげて、わざと白飛びさせたりするんですね。

それはなぜか。

文字通り「色白は七難隠す」です。隠したい何かがその女の子にあると思ってください。

背景に注目

背景の壁の影や壁紙の柄ゆがんで、はたまた机や椅子などの家具をよく見ると歪んでいることがあります。 これはウエストや二の腕などを細く加工した時によくある現象です。
こんな空間のゆがみを見つけたらそれは「どちらさまで?」という異世界への入り口なので注意が必要です。

女の子の服に注目

これも背景同様、加工した痕を見つけることができます。 具体的には皺がウエストの中心に集まっている、洋服の柄がなぜかウエスト部分だけ縦長になっていたり小さくなっている、なんていう場合はウエストを細く加工している可能性大です。

ブログや写メ日記に注目

ブログや写メ日記はよく自撮り写真が載っています。過去をさかのぼって、これまでの写真複数枚と見比べることで 「この部分は本物!」という共通点を見出すことができます。整合性が取れない部分は偽物ってことですね。

SNOWも見キワめろ!

上で「ブログや写メ日記に注目」と書きましたが、実はここにも落とし穴があります。

その名も“SNOW”。

ご存知の方もいらっしゃると思います。 だれでも手軽に画像を加工することができるアプリのことです。 ブログなどで動物の耳や鼻が合成された画像をご覧になったことがある方は多いのではないでしょうか?
あれこそSNOWによる合成画像なのです!

SNOWの盛れる度はあのフォトショップに匹敵する!?

SNOWは女子中高生を中心に爆発的な人気を誇るカメラアプリで、目を大きく輪郭を細く写してくれます。
一方フォトショップといえばパネマジでもお馴染みですが、PC用のアプリケーションであり非常に高価なのに対し、 SNOWはスマホ用アプリで無料で簡単に写真を加工できるのです。
またフォトショップは高機能な分複雑で、使いこなすにはそれ相応の勉強が必要になりますが、 SNOWは基本的に顔認証スタンプとフィルターという2つの機能使うだけなので、直感的に操作することができます。

「盛れる」とは?

SNOWには動物系のスタンプや顔変形スタンプがあり、これらのスタンプは顔を自動認識して、 例えば猫のスタンプなら丁度いい位置に猫鼻や猫耳、ヒゲを合成してくれます。
顔変形スタンプを使うと文字通りが顔が変形し、目を大きくしたり、顔をほっそりさせたりすることができます。
それらのスタンプに加え、フィルターといって、画面全体の明るさや色相などを変える機能があります。 このフィルターを使うことでグンと美肌に見えるようしたり、シワ・シミが目立たなくさせたりしちゃうんです!

このように「元の顔より自分を良く見せる」ことを盛るといい、 女の子はより華やかにかわいく写真を加工しているのです。いやぁ盛ってますよね~
さらに2017年4月のバージョンアップで加工の強さを調節することができるようになりました。 つまり不自然じゃない程度にに目を大きくしたり顔の細さをを変えたりできるので、 SNOWで撮ったのかどうかさえ見破ることができにくくなりました。(動物系のスタンプだと一目瞭然なんですか…)

手書きのらくがきや文字を入れることも可能

顔認証スタンプとフィルターといった盛るのに必須な2大機能以外にも、 画面にらくがきしたり絵文字を含む文字を付け足したりできる機能も搭載されています!
これによりスタンプだけでは誤魔化せなかったコンプレックスもピンポイントで隠すことができるのです。

それでもパネマジにひっかかってしまったら…?

パネマジはプロの所業です。やはりひっかかるときはひっかかるものです。 その時は素直に瞳を閉じて時間の流れを待ちましょう。受け身でいられるメンエスならではですよね!

悪質な店の場合は以降利用しないのも一手、クレームを入れるのもまた一手です。
納得できないという方は、速やかに「チェンジ!」もしくは「キャンセル」を女の子に言い渡してください。 もちろんそれに応じ別途料金を支払うことになります…(涙)

いかがですか?パネマジ・スノマジの恐ろしさをご理解いただけたでしょうか?
なかなか見キワめることは難しいですが、“期待しすぎない”ということも大切なのかもしれません。

[パネマジ]

ツイート はてブ シェア

風俗エステコラム 最新記事

もっと見る