風俗エステコラム編集部 vol. 378373 view

韓国?中国?オススメの外国人風俗エステ店は?

公開日:2020/10/31 15:06:07 ライター:風俗魔人@週3回は風俗遊び

韓国系、中国系、その他のアジアンエステの違い

アジアン系の風俗店といっても韓国系、中国系、その他で大きく異なる事がある。もちろん「韓国系だから必ずしもこう」と言う決まりはないのだが、だいたいの基本路線というものがある。韓国系、中国系、その他のアジアン系エステの特徴や、違いを比較してみよう

韓国系エステ

韓国系の風俗店の特徴は「女の子の容姿の質が高い」と言う事である。これはあくまでも推測だが、韓国系の風俗エステ店で働く女の子は専門学校生など学生が多い傾向にある。日本に留学しに来た若くて綺麗、だけどお金がないという子がその門を開いていると言う事が多いのだ。
しかもパイが決まっているので仮に可愛い子だったとしてもお店の人数が足りていれば働く事は出来ない。よほど可愛ければそれを押しのけてでも働く事ができるのだろうが、そういうシステムになっているようだ。
日本に留学する韓国人は多く、風俗エステ店は人気がある。だけどパイが少ない。こういった状況が質の高さを生むのである。
サービスももちろん質が高い。可愛いだけで質が悪いとなれば客も二度とは来ないであろう。そのためやる事はきっちりやってくれる。日本語能力も高くイントネーションが違うところも可愛く思えてしまうのだ。
とにかくかわいい子に処理をしてもらいたいという人は是非一度韓国人の風俗エステへ行ってみることをお勧めする!

中国系エステ

中国人エステはある地域に密集している事が多い。東京で言うと神田あたりが多い。昔は立ちんぼなどがいたが今は見なくなった。
中国系のエステは、可愛い子が多いのだが、先ほど挙げた韓国店よりは劣る傾向にある。理由は店舗が多く、そこまで可愛くない子でも働けるからだ。
中国店で働いている女の子だと上3割程度しか韓国店では働けないと思う。それほど容姿の平均値に差があると感じる。
しかしながら中国人はサービスがいい。韓国人は手抜きをしないという感じなのだが、中国人はそれに加え「フレンドリー」と言う感じがする。ルックスを愛嬌でカバーしていると言う方が正しいかもしれない。
同じ子を二回指名すると差がよく分かる。中国人は気さくな娘が多く、また来てくれたんだとハグなどをしてくれる子が多いのだ。
そしてマッサージが上手いと言うのも特徴的である。韓国人の場合「あくまでも抜きがメインでその他のマッサージは形式上添えている」と言うのに対して、中国人は本気でマッサージしにかかってくれる。
上手い子になると普通のマッサージ店へ行くのと遜色がないというレベルに達している。(マッサージのしすぎで腱鞘炎になったという子がいたくらいだから)
ちょっとした恋人気分を味わいたい人は中国人の風俗エステがお勧めだ。

その他のエステ店

その他のエステ店

まずその他のエステ店について紹介します。ほとんどが韓国、中国だが、タイもよく見かける。あくまで印象であるが、タイ人はシャイで真面目な娘が多い。恐らく店からの指示を忠実に守っていると思われる。
抜きも「男性にやらせる」という店もある。日本に来ている子が少ないためか「タイ人なら働ける」と言う感じの店もある。そうなってくると必然的に女の子の容姿レベルは下がってくる。が、タイ人の場合東南アジア系の顔なので「日本人っぽくない子にマッサージをしてもらいたい」という人にはいいかもしれない。
モンゴル人専門店なんていうのもある。こちらもタイの店と似ていて日本にモンゴル人が少ないためか、女の子の容姿レベルが低い傾向にある。さらに相撲を見てお分かりの通りぱっと見、日本人とモンゴル人は区別がつきにくい。
マッサージも中国人の方が上手い事が多いと感じる。
では何かメリットはないかといえば、モンゴル系のお店のメリットは「とにかく安い」と言う事に尽きる!(ちなみに抜きあり40分5000円ほどだ)
格安で済ませたい、エキゾチックな女性に処理してもらいたいという人はその他のアジアンエステ店がお勧めである!

一概にアジアンエステと言っても様々な特徴があってそれぞれ興味深いので、自分に合った店を見つけてほしい。

[外国人系]

ツイート はてブ シェア

風俗エステコラム 最新記事

もっと見る