風俗エステコラム編集部 vol. 385534 view

エステ客としての気遣いポイント

公開日:2020/12/15 17:45:40 ライター:ぺにくん

エステ客としての気遣いポイント

どうも!ぺにくんです。今日は、エステ客としてどういうところを気にするとセラピストに喜ばれるのか、を書いていこうと思います。

におい

まず、気遣いトップに挙げられるのが「におい」です。どうしても取れないにおいは仕方がないのですが、例えば、ルームやホテルのシャワーで綺麗に洗い流すことで取ることができるにおいや、服を着替えることで改善されるにおいはできる限り対策してからセラピストに会いましょう。ただ「くさい」と思われる、だけではなく、一生懸命サービスを提供しようとしているセラピストのパフォーマンスも下がりかねません。ただ、においは「フェロモン」といわれるほど相性があるのも事実なので、できる限りの対策をしても相性が合わない場合はあきらめましょう・・・。

体の洗浄

施術前にシャワーを浴びる場合、必ずきちんと体を洗いましょう。特に気を付けたほうが良いポイントは

・汗をきちんと洗い流しているかどうか
・お尻の穴付近にトイレットペーパーが残っていないか
・鼠径部や足裏、足の指の間に服の繊維が挟まっていないか

といった点です。そしてこの中で一番多いのがお尻のトイレットペーパー。どんなにスマートに施術を受けていても、これは恥ずかしいので注意してください。

体毛

体の毛の処理についてです。基本的には体毛はあまり気にされなくても大丈夫ですが、あえて気にするとすれば、ボディーや足、腕の毛よりも、股間付近の毛とお尻の毛、の2か所です。つるつるにすると、オイルの滑りも滑らかで、手技も深くまで入ってくるので気持ちよさが段違いです。「パイパンは無理だな」とお思いの方!あくまで「整える」程度でもよいのでぜひ気にしていただくと変わってくるかと思います。ちなみに私は、メンズ脱毛サロンに通っています(笑)

口臭

においにも該当しますが、あえてピックアップします。口臭も気にできる方は気にしましょう。特にセラピストから声が多いのが「にんにく」「酒」「たばこ」です。この辺は完全にご自身の気の使い方で防げる部分ですよね。セラピストに会う前はなるべく控える、あるいは口臭予防グッズなどを使用してにおいのケアをし、お相手の女性に最大のパフォーマンスを発揮してもらえるようにしましょう。

体調

体調管理もぜひ気を付けてください。とくに感染症などが危惧されるこの時期だからこそなおさらです。セラピストが一番恐れるのが「自分がクラスターになること」です。1人のお客様の気のゆるみで多くのお客様に広めてしまう可能性も無きにしも非ずです。もちろん、自身も調査対象になってしまい、生活に多大な影響を受けてしまうこともあります。自分を守り、女性を守り、お店を守り、家族を守るために、こまめに熱を測り、体調悪い時は利用しないようにしましょう。

予約の予定

体にまつわることではありませんが、気遣いポイントとしては一番必要なところでもあります。つまり「ドタキャンをしない」ということです。ルーム型の場合はその予約の時間プラス数十分を確保しています。その間は予約をお断りしますし、女性のスケジュールも確保しています。ドタキャンはお店からも女性からも本当に嫌がられます。1回でNG客になることもありますので、どうしても厳しい場合は仕方がないのですが、あいまいな時ははっきりしてから予約したほうが良いですね!

会話

会話での気遣いポイントはいくつかありますのでご紹介します。

・プライベートなことを突っ込みすぎる
➡相手から話したことではないのにプライベートについて細かく聞くのはNGです。こちらは単純な疑問からの質問であっても、警戒されるだけなので避けましょう。

・彼氏、旦那について聞く
➡これはプライベート会話の中でも最もNGワードです。絶対にこちらからは聞かないようにしましょう。

・自身の要求が通らなかった場合は素直に引く
➡サービス内のものを要求するのは問題ありませんが、サービス外のことを要求してしまった場合、断られた際はすぐに引きましょう。トラブルのもとにもなり、即NG、場合によっては即出禁にもなりかねません。

・容姿について話す
➡ポジティブな誉め言葉ならいいのですが、微妙なニュアンスの場合はこちらも気を付けましょう。けなす意図ではなくても、本人が傷つくこともあります。例えば「背が低いね!」とか「足大きいね」など、こちらは悪気がなくても本人が気にしていることがあります。こういった微妙なトークは「気にしていないな!」と確信が持てるまでは、あまりつっこんで話さないほうがよいでしょう。

以上、会話については4点ご紹介しました。

まとめ

いかがでしたか?「こちらがお金を払っているお客なんだからなんで気を使わなきゃいけないんじゃ!」と思う方もいるかもしれませんが、男性としてのエチケットやマナーを守るほうが、結果としてサービスがよくなり自分に返ってきます!気にしていない部分があれば、ぜひちょっとだけ気を使ってみてください!
皆さんよいエステライフを!

[気遣い]

ツイート はてブ シェア

風俗エステコラム 最新記事

もっと見る